Pensiero di scatola

【思考の箱】 = 学び、経験をシェア

FXトレードで意識していること

※全部は難しいので少しだけ。

 

人の性格、習性、思考などによりトレードの向き合い方は異なります。

なので、私の内容を聞いても、あなたに向いている保証はありません。

また、妄信してもいけません。

 

とはいえ、、極力万人にとって重要となる視点を挙げてみます。

 

 

【前提:意識すること、気にしてはいけないこと】

 

先に「気にしてはいけないこと」は、

私達は、「相場に対して無力」だということ。

なので、些細なことに不安を覚える必要もありません。

 

次に「意識すること」は、

「エントリー前の事前準備、エントリー後の出口設定」が全てということ。

そして、FXの本質は、「資金を稼ぐこと」にある。

 

1.その日の体調はどうか?

・もしも具合が悪いなど、身体、精神に問題を抱えている場合はトレードをやらない

・心拍数と低く、保つことを意識する

・落ち着いてから、相場と向き合いトレードをする

 

※何よりも身体が資本であり、思考力を損なう習慣は避けないとなりません。

そのため、普段の生活習慣を見直して、

現在、将来、悪影響を及ぼす思考、行動など全て排除することが求められる。

 

2.その日の相場状態をみて、スタンスを定める

・相場状態をみて、一日の値幅限界値を見定める

・複合的に情報分析行い、たとえば今日は「買いしかやらない」などを決める

・一日のトレード時間、その時間帯を決める

 

3.質の良いチャレンジを意識し、怖れず何度もチャレンジする

・イコール、「質の悪いチャレンジ」は絶対にやらない

・質の良いとは、「時間効率が良い」「勝つ確率が高いポイント」などを見極める

・時がくるまで、「焦らずじっと待つ」こともトレード 

・「ここぞ!」というポイントでは、リスク取ることも厭わない

 

4.エントリー時の資金配分を重きにおく

・資金配分、運用が下手だと、必要以上に損失を招く

・資金配分は自分でコントロールできる

 

5.エントリー直前に、「このエントリーでどれだけ稼ぎたいのか?」を金額設定する

・その設定額に到達したら、利食いすることを前提に考える

・強欲は「負け」に繋がる。欲をかかない、堅実であること

・「もっと上がるだろう」など、憧れのような感情が芽生えるなら、一度利食いしよう

・根拠のない理想論ほど、結果、損失を招いたり、小さな利益にしかならない。

・ただ、とある"条件"を満たしているなら、「利を伸ばす」考えを持つことのも大切

 

6.「別に負けても良い」という感覚を持とう

・「ヒューマンエラー」という言葉があるように、人間は間違うし、当てにならない

・だから、「間違ったら、すぐ間違いを認めて、修正する」こと

・リスクリワードの考えを持つことも大切

・下手に勝率に拘ると、間違った時に損切りが出来ないし、判断もすごく遅れる

・人は「勝つことに強い関心を示すが、負けることに消極的な」傾向がある

・それゆえに、負けているのに「間違いを認められず、塩漬け」が発生してしまう

・間違ったエントリーをしたら..まずは「逃げろ」、考えるのはそれからだ

・相場に対して無力ですから、「負けることは当たり前」です。

 

7.常に逆のシナリオも想定する

・稼ぐこともできるが、その逆もあるのは当然

・稼げるシナリオだけイメージすると、逆のシナリオが発生するとショックが大きい

・逆のシナリオも想定しておき、実際そうなっても「想定の範囲内」とし、焦らない

・また、良質なシナリオであるほど、一時的に「含み損を抱える」ことはよくある

・焦って損切りしても、悪い損切りになるケースもよくある

・そこで、「損切りはせずに保持」し、「両建て」で含み損分をカバーする視点もよい

 

【マクロ→ミクロ視点へ】

私が見ている通貨ペアなど。

ドル円(USD/JPY)

・ユーロドル(EUR/USD)

・ダウ

・S&P500

日経平均先物

・GOLD

原油

※相関性の状況把握、大きな時間軸→小さな時間軸のチェック

 

ほかには、

・重要な経済指標、要人発言、金利

地政学、政治リスク

など。。。。

 

※前提として、経済、金融知識、歴史をも学び、研究している。

(特にファンダメンタルズ分析する際には必須)

 

【相場観察】

・相場の本質は「買われたら上がるし、売られたら下がる」のみ。

・「値動き(プライスアクション)」を重きにおく

・現在の相場の方向性(マクロ、ミクロ)、雰囲気を把握する

・値動きの大小、ひげの長さ、上昇時、下落時の値幅、時間当たりの動向など

・値幅の限界値

・フェーズ転換の確率

・支持、抵抗ラインの見極め

・レンジの強弱、長さなど

・世界中の投機家が「今、何を考え、今後どうしようと思っているか?」を考える

・その時点で、勝っている人の思考、負けている人の思考や状態を考える

 

Ex)

「ロングならどうするか?」

「ショートならどうするか?」

「なぜ、今買われているのか、売られているのか」

などなど。。。。

 

※相場観察は相当深すぎるので、ここまで。

 

最後に、、

 

使っているインジケータは、状況により使い分け、組み合わせている。

単純移動平均線(短期、中期、長期線)を数個

・DMA(3DMAのみ。"動的な"トレンドラインとして使用)

・GMMA

ボリンジャーバンド(1~3σ)

・Pivot

移動平均乖離率

・RSI

RCI(短期、中期、長期線の3ライン)

・フィボナッチリトレースメント/エクスパンション

 

※でも、観察時は「プライスアクション」と「値幅」を重視しているため、

インジケータを表示せずにトレードもよくやります。

 

 

以上が、現時点で私が考えていることの一部です。

トレードネタを書くと、相当長くなるのと、深いのでここまでにします。

 

全ての情報開示はできませんが、

この一部情報でも何か参考になり、手助けとなれば幸いです。