Pensiero di scatola

【思考の箱】 = 学び、経験をシェア

早朝4時の目覚め

早朝4時起き習慣をつくると、人生は好転する。

 

ちょっといい過ぎに聞こえるかもしれないが、概ね間違ってもいない。

なぜか?というと、

 

・誰にも邪魔されることなく、"自分の時間"を確保できる

・最もエネルギーが充填されており、新規アクションを取るのに適している

(つまり、学習などの作業効率が良い)

 

人間の命とは、=時間ともいえます。

時間をどれだけに大切に扱い、活用するか?で将来の在り方も変わるといえましょう。

 

具体的には、長期的にプラスになる行動への投資が良いです。

スキルアップに向けた学習

・自己と向き合い、未来戦略の立案と実行

・家族との時間を過ごす

・健康への投資(運動、食事法など)

・クリエイティブなことを行う(瞑想など)

 

私の朝の習慣は、

・目覚め直後に1日のアクションプランを作る

・瞑想

・散歩

・オフのときは、軽いランニング

スキルアップに向けた学習

 

こんなことをやっています。

 

 

夜型ライフスタイルが目立つ現代では、

どうしても仕事終わりの夜に「いろいろなこと」を始めようとする。

しかし、人間の「エネルギーには限りが有る」ので夜の行動は効率悪いのです。

また、多くの「罠」が潜んでいるので、結果として自分の時間をも奪われている。

 

朝の時間というのは、そのような罠がありません。

エネルギーも充填されているため、自分にとって一番大切なことに集中できるのです。

下手な言い訳は言わなくなりますし、心と身体に余裕が生まれるようになりますよ。