Pensiero di scatola

【思考の箱】 = 学び、経験をシェア

効果的にお金を貯めて、余裕のある人間になる技術

それは「貯金箱」の力を使うことです。

 

まずは大前提、「お金そのものの楽しみ方」は2通りあります。

1.お金を使うことの楽しみ

2.お金を貯めることの楽しみ

 

しかし面白いもので、どちらか片方は出来るのに、両立が上手くできないのです。

 

それは当然の話で、

お金を使う = お金は貯まらない

お金を貯める = お金を使わない

 

このように、「使う」と「貯める」には矛盾が生じているのです。

 

お金を使うことが得意な人は、

・お金を使った楽しみ方することに関してはプロ

・しかし、お金を貯めることは苦手で、貯めたこともない。

 

お金を貯めることが得意な人は、

・お金を貯めることへの楽しみを持つことに関してはプロ

・しかし、お金を使うことで得られる経験の機会が圧倒的に少ない

 

※もちろん「使う」「貯める」の理由は、ケースバイケースです。

必ずしも、「そうだ」という話ではありません。

 

ところで、本題は「お金の貯め方」の話です。

 

「お金を使っているけれど、そのことに疑問を覚えている」

何らかの「違和感」を抱いている方は、挑戦してみる価値はあります。

 

では、具体的にどう考え、行動するか?

 

1.そもそも貯められないのには「原因」がある

・よく、「お金が足りないなら、収入を増やせばよい」と考えがちだが、、

・実際は「大きな間違いである」ことに気付かないとならない

・「収入額と"同等、またはそれ以上の支出"が発生する」事実に気付けるか?である

 

たとえば、収入20万円、支出も20万円。

お金が貯まらないことに嫌悪感を感じ、今度は収入を30万円に増やせたとします。

しかし、結果は支出も30万円となり、お金が貯まらない状況は続いてしまった。

 

これは、「パーキンソンの第二法則」ともいわれます。

物凄く強力な副作用で、克服するのには相当なエネルギーが必要です。

 

何故か?

それは「欲」にあります。

 

「収入が増える = 利用の選択肢が広がる」ことに繋がります。

お金とは「選択肢を広げるためのツール」ですから、

扱える金額が増えれば、増えるほど「自由度」が増します。

 

すると、日頃からモノ、サービスに関心を示していた場合、

「もっと自分のライフスタイルを良くしたい」と考えるのは当然です。

・住む部屋、食事、洋服の質を高めよう

・人ともっと関わる機会を増やそう

・身体メンテナンスをしにいこう、など。

結果、支出を増やす行為が強まります。

 

求めるのは「もっと」なのです。

「欲」はキリがなく、終わりが見えない感情です。

感情コントロールが出来ないと、いつまでもお金は貯まることはありません。

 

2.なぜ「貯金箱」がよいのか?

・毎日、自分が目に見える場所に貯金箱を設置する

・硬化や一度の貯金額に条件を設定してはならない

・「毎日お金を貯金している」事実を作り続ける

・貯まっていく貯金箱を見て、貯めることの楽しさを知るようになる

 

= 貯金することを「習慣化」させることが、金額以上に大切である。

 

【大切なこと】

お金を貯めることが苦手な人にとって、

・貯金箱で「いくら貯めよう」と考えるのは誤り

・「決められた硬化だけを貯金しよう」と考えるのも誤り

 

たとえば、「500円貯金を毎日する」と決めるのは別にかまいません。

しかし、本当に「現実的な貯金」といえますか?

毎日、500円玉が財布の中に入っているのでしょうか?

もしも、500円玉が財布の中に入っていなかったらどうしますか?

 

このとき「明日、貯金すればいいか」「また今度、貯金すれば良いか」

このように考えてしまったらアウト。

お金は貯金できませんし、失敗してしまいます。

1円でも貯める習慣を作り上げることで、

「毎日貯金しないと気持ち悪い」と感じる体質を作ることが重要なのです。

 

貯金箱にお金が貯まったら、今度は2個目の貯金箱を用意して貯め続けます。

または、「銀行の預金通帳の数字を増やす」でも良いでしょう。

 

3.「貯める」の上位互換は「殖やす」、そして長期思考の第一歩である

・貯金箱が貯まりきるまでの過程は「とても長期的」

・貯める習慣が身につくと、思考も「長期的視点」で考えられるようになる

・長期的な目標、夢、使命を抱く、考える余裕が生まれてくる

・貯金額が増えると、お金の心配をすることがなくなる

・月末の請求に対して焦りや不安がなくなる

・お金を貯めることの真の楽しみは「お金のことを考える生活をなくす」こと

 

そして貯金は「足し算」なので、貯まる額は一定です。

始めは「貯める習慣化」が、最大の課題ですが、

もっとお金を貯めたいと考えるなら、ぜひ「掛け算」で「複利」を活かしましょう。

= ビジネスや、株式投資、高金利な外貨預金などを始めてみる。

 

 

最後に、

お金の扱いは「生産と消費のバランス」が大切。

 

たとえば、果実を生産し続けると次第に余ってしまいます。

反対に、果実を消費し続けると次第に足りなくなってしまいます。

この「生産と消費」のバランスをどう保つか?は人生上のテーマにもなるのです。

 

人生は一度キリ。

お金を生産し続けることも大切ですが、時にはモノ、サービスにお金を消費し楽しむこと。

 

それが良い意味で、人間としても「成長していこう」と感じるようになるので、

ぜひ、「生産と消費バランス」についても、考えてみてくださいね。