Pensiero di scatola

【思考の箱】 = 学び、経験をシェア

年の半分

今年も早いもので、後半分で1年経つ。

 

去年から私生活を抜本的に変革させて、投資家の道を歩むようになった。

捨てるものは冷徹に見極めて捨てて、必要なことに集中投資し続けている毎日。

何かを得るためには、何かの犠牲を伴うことを学んだ。

その中で私は、人間関係、消費的なお金の使い方、余計な用事、趣味を捨てた。

 

完璧に捨て去ることは、まだまだ出来ていないし反省材料なのだが

ただ意識していなかった頃と比べると、格段と変わっているし、大切な時間を確保できるようにもなった。

お金も1ヶ月の家計支出が20万超えていたが、今は約8万円の支出で生活出来る。

まだまだ削れるなとも感じているし、浮いた利益は全て自己投資へと変換されている。

 

そして手に入れた技術が「トレード技術」で、為替短期トレードで戦っていけるようになった。

毎日が勉強、反省、検証、実践の繰り返しで、24時間トレード、投資について考えている。

今もそうで、今年に入ってからの目標は「投資・金融・経済」を学習することで、

無知であった分野に深く関心を持ち、投資家として戦うならその分野に精通しなくてはならないと思ってる。

 

今年の後半もやることは変わらない。

自分のやることを明確にし、集中して取り組んでいけば必ず未来は大きく飛躍できると確信しているからだ。

現に日々成長を実感できており、とても充実した日々を過ごせている。

 

こういった感覚はとても大切だろう。

時間を持て余して暇だ、でも何かに焦りを感じている人生は分からなくもないが、

何かに疑問や焦りを抱いているのであれば、一刻も早く「普通」の生き方から抜け出す必要があるだろう。

何故なら人生は有限で、不確実性でもある。将来どうなるかなんて誰も分からない。

だからこそ、将来のために今を全力で生きて、新しい道を切り開いていく必要がある。

 

始めから「失敗したらどうしよう」なんて考える必要がない。

実際にそうなったときに考えれば良いし、"自分が分かっているリスク"は喜んで引き受けたほうが良い。

また、"意味不明なリスク"からは絶対に回避しなくてはならない。

 

「99%の人間が失敗しているよ」なんて言う人もいるが、

私に言わせれば「何で99%の人間と一緒にされるんだよ」と思うわけ。

「残り1%の人間になる」ために、戦略的に思考し、すぐ実行に移す。

たとえベイビーステップだとしても始めていき、一歩ずつ前進したほうが絶対に良い。

 

そんな訳で、今年の後半も全力で前に進んでいきますよ。