Pensiero di scatola

【思考の箱】 = 学び、経験をシェア

投資や投機はギャンブルなのか?

 

「お仕事何されていますか?」と質問される際に、

「投資、為替トレードやっています」と回答しています。

すると、非常に多くの方々から「それってギャンブルだよね?ちゃんと稼げているの?」といった質問を頂きます。

 

「実際ギャンブルかどうか?」は、

「その人が投資、投機を行うときの考え方による」という回答になります。

似ているようで、異なるものなんです。ただ、同一視できない。

 

まずギャンブルは「偶然に期待する」「根拠もなく投じる」など、

先が分からない状態で勝負する場合がそのようになります。

短期的にはリターンを得られる場合もあります。

しかし、長期的にはマイナスになっているか、退場している方が大半なのです。

 

一方、「様々な視点から今後どうなっていくのか?」を仮説、根拠立てて高い確率に投じる場合は、もはやギャンブルとはいえません。

安定してリターンを得続けている投資家、投機家は決してギャンブルをしません。

リスクを極端に嫌いますし、投じる場合は「確信した」ときに限る。

 

 

・・他でも沢山論じられているので、ここまでにしたいと思うが、

こういった質問をもらう度に思うのは、

「間違った情報ばかりに目がいき、真実には気付かないものなんだな」と。

知識として正しく認識できていない、または全く知らないと、

これは投資関係なく、曖昧な情報、噂で聞いた情報に左右されてしまいがちになる。

妄信すると、変に誤解をしてしまい、誤解を払拭させるにも骨が折れる場合もありますね。