Pensiero di scatola

【思考の箱】 = 学び、経験をシェア

再現性を重要視する

去年、とある出来事の一件より気付かされた視点の一つに、

「再現できる確率が高いことにフォーカスしよう」というものがあります。

 

たとえば、ビジネスで一度でも上手くいったことがある人は、

違うビジネスでも上手くコトを運べる確率が、一度も上手く行っていない人と比べ高くなる。

 

合法的に運よくお金を稼ぐことが出来たが、次もお金を稼ぐことができる保証はない。

しかし確信してお金を稼ぐことができるなら、次もお金を稼ぐことが出来る確率は高まる。

 

このようにビジネスにしろ、どのようなアクションを取るにしろ、

その行動は再現性があるものなのか?を判断材料の一つに加えてみると良いだろう。

根本的に再現確率が高いものというのは、自身の実力の表れでもある。

それは日々の生活での態度が、何らかの形として現れるのだ。

 

仮にトレード知識、技術はないけど、ラッキーで勝つことができた。

運よく大金を得ることができてラッキーだと感じた。

こういったケースは非常によくある話だ。

 

当然、次もラッキーを味わいたいという感覚で望むだろうが、

実は「誤った成功体験」であり、大きな失敗の元となるのです。

 

誤解したまま次の成功体験を味わいたいがために、次の期待という感情をもって臨む。

ただ、ラッキーはどこまでいっても、ラッキーなのだ。

短期的に稼ぐことが出来る場合はあるだろうが、長期的に稼ぎ続ける確率は低くなる。

元々の再現確率が低いのに、セルフイメージなどが異常に高くなる点も厄介だ。

そのギャップ差に次第に辛くなるから。

 

トレード、投資はギャンブルではなく、立派なビジネスのひとつだ。

そこに緻密な戦略性、感情コントロール、様々な技術があってこと、

継続して月間利益、年間利益をプラスに出来るようになる。

ある日勝った、負けたレベルでは話にならない。他のことにも通じる話。

 

 

やはり、成功する、物事を上手に展開できるといった結果の背景には、

自分が持っている実力、地力が一定水準を満たしていることが大原則だろう。

過程で上手く行かなかったことはあっても、それを乗り越える忍耐、継続力も大切だ。

全てが自分の実力のうちだと思えば、人間進化し続けることはできると確信している。

 

 

また、再現性を見極めるためには、どのような属性であっても上手く行くのか?は重要だ。

たとえば、インターネットビジネスで「詐欺ビジネスだ」と批判される商材も存在する。

提供者側も、本当に詐欺商材を取り扱っている場合もあるが、そうではなく本当に稼げる場合もある。

しかし、この手のビジネスで思うのは、一番大切な要素を購入見込み層に伝えず、

美味しい都合の良い話しか伝えないことが殆どだと感じており、

結果詐欺といわれても仕方ない要因はあると考えている。まぁ一旦置いといて。

 

稼げるビジネスだけど稼げないのには、いくつか理由が存在する。

・性格上相性が悪い

・社会的属性に問題がある(クレジットカードも作れない、自己破産経験有りなど)

・ビジネスを行えるような精神状態、環境が整っていない

Airbnbのように法律上グレーだが、立地環境によっては市町村で厳しい対応をしている場合がある。

(提供者はその事実を適切に説明せず、あくまで上手くいっている場所しか言わない)

・アプローチの仕方が間違っている

など、様々だ。

 

 

技術不足は誰も始めは同じだ。そもそも行動を起こさないは論外だから除外している。

問題は技術で補うのが困難な場合が存在する点だ。

取り組むビジネスによっては、より再現確率が低くなるため、

相手もビジネスだから、巧みに購買心理を操り情報商材購入へと運ぶ戦略を出すが、

それでも冷静になって見極めて購入しないと、失敗する可能性をも頭に入れないとなりませんね。