Pensiero di scatola

【思考の箱】 = 学び、経験をシェア

経済・金融の勉強は何から学ぶか?

2016年頭より為替短期トレードを始めた影響で、経済・金融について日々学んでいます。

個人投資家、為替トレーダーとしてプロを意識するなら、単に値動きのみ追いかけるのではなく、

値動きを決定付ける様々な要因についても理解しないとなりません。

 

どうやって学ぶのか?は意外にも悩みかも知れません。

材料は広範囲で多くの専門用語とも向き合っていかなくてはなりません。

本当に初心者で、右も左も分からない場合、ひとまず「日経新聞」でも読むかとなるでしょう。

ただ、日経新聞って基本的に日本経済に関する情報に特化しているため、

個人的には日経新聞は見なくても良いと考えています。

 

 

そこで私がよく使うのは、「テレビ東京ビジネスオンデマンド」というサイトです。

テレビ東京系列の経済番組に特化した動画配信サービスですが、

このサイトを活用することで、知識がどんどん集まります。

 

特に「モーサテ」の視聴はオススメしたい。

そこで話されるキーワードで分からないことはgoogleで調べて、自分の糧にしていくのです。

一年視聴し続ければ、最低限基礎ワード、その時々のテーマに関する情報は得られるため、

トレードする際の材料として上手く役立てることが出来るようになります。

特に開始~15分程度は、為替、債券の現在レートや、世界情勢の動きについて報道されるため、重点を置き視聴したいところ。

 

モーサテ以外では、未来世紀ジパングカンブリア宮殿なども面白いですよ。

世界を知る、特定の職・企業について知れると、視野も広がってきますから、

勉強熱心な方であれば、もっと知りたいと感じるようになるでしょう。

この動画配信サービス以外では、ブルームバーグをチェックしています。

 

本を読むなら、基礎の経済学、金融読本から読み始めると、最低限の一般経済・金融知識は身につくでしょう。

余裕があれば証券外務員試験(受験は別にして)、ビジネス会計知識を抑えておくと、

長期株投資を始める際にも、知識は役立てることが出来ると考えています。

 

 

もちろん、短期トレードを行う場合、最も重要なのが値動きにあるため、

ファンダメンタルズ上の知識、考えだけでは立ち向かうことは難しい。

テクニカルとファンダメンタルズの組み合わせで、適宜進捗する値動きに対応できるようになれば、

トレードでも上手に戦っていけるようになりますよ。