Pensiero di scatola

【思考の箱】 = 学び、経験をシェア

私がよく行くカフェ・喫茶店

家で作業や考え事などをしたくないときは、外出先で行うようにしている。

なるべく集中できる状態、外的要因が極力少ない環境のほうが捗ります。

 

私は珈琲好きでもあるため、大体はカフェ・喫茶店に偏るのだが、

お店によっては集中できる場所、集中できない場所があります。

当然、求める場所は静かな空間を提供しているお店です。

 

<NGなお店環境>

・スタバやドトールなどチェーン系列全般

・雑誌掲載の人気カフェ・喫茶店(行く時間帯を調整すれば可)

 

このようなNG店は、お客様が多く行き来することから、

外的要因の問題点としては、一番避けたいものです。

 

 

一方で、

 

 

<OKなお店環境>

・老舗喫茶店

・お店のコンセプトが「隠れ、静かさ」とハッキリさせている

 

このようなお店は、来店されるお客様自身が何かと弁えています。

特にお店外見がしっかりされていて、扉をあけるのに抵抗感を感じるお店は、

お客様も常連客が多いので、集中したいときには最も良い環境になることもある。

大抵どの地域にも1店舗くらいはあると思います。

 

 

自分にあったカフェ・喫茶店を見つけるのも、お店巡りの愉しみ方の一つ。

純粋に美味しい珈琲を味わいたいのか、何らかの作業などに集中したいのか、

じっくり考え事をしたいのかは、都度変わってくることでしょう。

 

お店の特徴をおさえ、活用できるようになってくると、

「集中したい」時用以外にも、目的別に利用用途を見出すことが出来る。

広くお店を知っておくことは何かとメリットになりますね。