Pensiero di scatola

【思考の箱】 = 学び、経験をシェア

効果的にお金を貯めて、余裕のある人間になる技術

それは「貯金箱」の力を使うことです。

 

まずは大前提、「お金そのものの楽しみ方」は2通りあります。

1.お金を使うことの楽しみ

2.お金を貯めることの楽しみ

 

しかし面白いもので、どちらか片方は出来るのに、両立が上手くできないのです。

 

それは当然の話で、

お金を使う = お金は貯まらない

お金を貯める = お金を使わない

 

このように、「使う」と「貯める」には矛盾が生じているのです。

 

お金を使うことが得意な人は、

・お金を使った楽しみ方することに関してはプロ

・しかし、お金を貯めることは苦手で、貯めたこともない。

 

お金を貯めることが得意な人は、

・お金を貯めることへの楽しみを持つことに関してはプロ

・しかし、お金を使うことで得られる経験の機会が圧倒的に少ない

 

※もちろん「使う」「貯める」の理由は、ケースバイケースです。

必ずしも、「そうだ」という話ではありません。

 

ところで、本題は「お金の貯め方」の話です。

 

「お金を使っているけれど、そのことに疑問を覚えている」

何らかの「違和感」を抱いている方は、挑戦してみる価値はあります。

 

では、具体的にどう考え、行動するか?

 

1.そもそも貯められないのには「原因」がある

・よく、「お金が足りないなら、収入を増やせばよい」と考えがちだが、、

・実際は「大きな間違いである」ことに気付かないとならない

・「収入額と"同等、またはそれ以上の支出"が発生する」事実に気付けるか?である

 

たとえば、収入20万円、支出も20万円。

お金が貯まらないことに嫌悪感を感じ、今度は収入を30万円に増やせたとします。

しかし、結果は支出も30万円となり、お金が貯まらない状況は続いてしまった。

 

これは、「パーキンソンの第二法則」ともいわれます。

物凄く強力な副作用で、克服するのには相当なエネルギーが必要です。

 

何故か?

それは「欲」にあります。

 

「収入が増える = 利用の選択肢が広がる」ことに繋がります。

お金とは「選択肢を広げるためのツール」ですから、

扱える金額が増えれば、増えるほど「自由度」が増します。

 

すると、日頃からモノ、サービスに関心を示していた場合、

「もっと自分のライフスタイルを良くしたい」と考えるのは当然です。

・住む部屋、食事、洋服の質を高めよう

・人ともっと関わる機会を増やそう

・身体メンテナンスをしにいこう、など。

結果、支出を増やす行為が強まります。

 

求めるのは「もっと」なのです。

「欲」はキリがなく、終わりが見えない感情です。

感情コントロールが出来ないと、いつまでもお金は貯まることはありません。

 

2.なぜ「貯金箱」がよいのか?

・毎日、自分が目に見える場所に貯金箱を設置する

・硬化や一度の貯金額に条件を設定してはならない

・「毎日お金を貯金している」事実を作り続ける

・貯まっていく貯金箱を見て、貯めることの楽しさを知るようになる

 

= 貯金することを「習慣化」させることが、金額以上に大切である。

 

【大切なこと】

お金を貯めることが苦手な人にとって、

・貯金箱で「いくら貯めよう」と考えるのは誤り

・「決められた硬化だけを貯金しよう」と考えるのも誤り

 

たとえば、「500円貯金を毎日する」と決めるのは別にかまいません。

しかし、本当に「現実的な貯金」といえますか?

毎日、500円玉が財布の中に入っているのでしょうか?

もしも、500円玉が財布の中に入っていなかったらどうしますか?

 

このとき「明日、貯金すればいいか」「また今度、貯金すれば良いか」

このように考えてしまったらアウト。

お金は貯金できませんし、失敗してしまいます。

1円でも貯める習慣を作り上げることで、

「毎日貯金しないと気持ち悪い」と感じる体質を作ることが重要なのです。

 

貯金箱にお金が貯まったら、今度は2個目の貯金箱を用意して貯め続けます。

または、「銀行の預金通帳の数字を増やす」でも良いでしょう。

 

3.「貯める」の上位互換は「殖やす」、そして長期思考の第一歩である

・貯金箱が貯まりきるまでの過程は「とても長期的」

・貯める習慣が身につくと、思考も「長期的視点」で考えられるようになる

・長期的な目標、夢、使命を抱く、考える余裕が生まれてくる

・貯金額が増えると、お金の心配をすることがなくなる

・月末の請求に対して焦りや不安がなくなる

・お金を貯めることの真の楽しみは「お金のことを考える生活をなくす」こと

 

そして貯金は「足し算」なので、貯まる額は一定です。

始めは「貯める習慣化」が、最大の課題ですが、

もっとお金を貯めたいと考えるなら、ぜひ「掛け算」で「複利」を活かしましょう。

= ビジネスや、株式投資、高金利な外貨預金などを始めてみる。

 

 

最後に、

お金の扱いは「生産と消費のバランス」が大切。

 

たとえば、果実を生産し続けると次第に余ってしまいます。

反対に、果実を消費し続けると次第に足りなくなってしまいます。

この「生産と消費」のバランスをどう保つか?は人生上のテーマにもなるのです。

 

人生は一度キリ。

お金を生産し続けることも大切ですが、時にはモノ、サービスにお金を消費し楽しむこと。

 

それが良い意味で、人間としても「成長していこう」と感じるようになるので、

ぜひ、「生産と消費バランス」についても、考えてみてくださいね。

 

 

お金と幸せは別物だが、お金と自由は関係している

真の幸せとは「物心両面が豊か」であることです。

 

基本的に、

・お金:外的要因

・幸せ:内的要因

「お金」=「幸せ」にはどうしても結びつけることは出来ません。

 

Ex)

お金持ちだけど「不幸そうにみえる」な人はいる。

お金持っていないが「幸せそうに生きている」人はいる。

 

誤解がないように、あえて書くと、

「お金がない = お金に困っている」ではありません。

 

「低収入だけど、収入の範囲でかつ、満足に暮らすことができる」

このようなケースを指します。 

 

一方で、「幸せだけど、お金に困っている」

このような状態は、不健全といえます。

心に何らかの問題を抱えており、改善が求められる要素があります。

 

お金に困る状況とは、

・「収入 - 支出」の関係で、「支出」が上回っているときに発生する問題です。

 

人の生活環境はそれぞれですが、

実際はこれだけ"シンプル"なことが出来ていないと、貧乏、貧困状態に陥ってしまう。

お金は感情に振り回される要因が強く、

感情コントロールが苦手な人は、どれだけ収入があろうと支出は増え続ける。

 

真に豊かであれば「何かに困っている」状況は発生しないのです。

発生しているなら、必ず改善しなくてはなりません。

 

また、最終的に、お金持ちを目指す場合でも、

・お金は持っていないが、心から幸せである

・お金持ちを目指そうとする過程でも幸せである

・お金持ちになった後も幸せである

 

このような豊かな心の状態にすることは大切ですね。

 

 

最後に、「お金」と「自由」には深い関係性があります。

「自由」とは、「束縛がなく、自己責任であらゆる事象を行う」こと。

「お金」とは、「選択肢を広げるためのツール」です。

 

何か大きな目標を実現しようとする場合、お金を必要とするケースがあります。

もしもお金が持っていないのであれば、「選択肢が限定」される。

= 「束縛が発生している」→「不自由さがある」ということ。

 

もちろん、不自由な環境の中でも幸せを感じて生きることは可能です。

「幸せ」と「自由」は別物ですから。

 

それでも自由を得たいなら、お金は必要になってきます。

では、肝心なのは「どれだけの額が必要なのか?」

 

私が常に意識して欲しいと考えているのが、

「セルフイメージを高く持ち続け、絶対に下方修正しないこと」

「お金を目標基準にして、ペースメーカーにしよう」

ということです。

 

何か目に見える形で「目標達成している、できていない」を持つことで、

必ず達成しよう、改善しようという意識は強まります。

 

それが、自己成長、進化へと繋がり、

「自由」と「幸せ」の両方を手にした人生を得られるようになります。

 

コスト感覚を持とう

コストを抑えるとは、「感情コントロール」ができる事に繋がります。

それが出来ないと、いつまでもお金が増えませんし、減ります。

 

国、企業、個人が、お金の扱いで共通して考えるのは、

「収入 - 支出 = 利益」です。

 

・収入が高い = お金持っているは幻想

・収入が低くても、感情コントロールできる人はお金が増え続ける

・収入よりも、"はるかに低い支出"の範囲で生活できれば、お金は貯まる

・収入が高くても、同等、それ以上の支出では確実に苦しい生活環境が待っている。

 

最悪、

・国:財政破綻

・企業:倒産

・個人:自己破産

 こうなってしまうのは、必然なのです。

 

そこで大切なのは「税引き後利益をどれだけ残せるか?」がポイントです。

 

日本では「年収、収入信奉」な一面を持っていて、お金が必要となったら、

・もっと残業時間を増やそう

・Wワークをしよう

・宝くじ、ギャンブルで一攫千金だ

・"簡単"、"安心"、"即金で"というキャッチコピーの情報商材を買ってしまう

 

このような思考に陥りがち。

ですが年収額や収入額を気にしたり、それを自慢することは古く、意味がない。

 

それよりも、「自己資産」を得ていたり、

「コスト感覚」を持ち、「減らさず、増やし続ける」ことのほうが大切なのです。

 

つまり、始めに

・「手取り収入を増やしたい」

・「お金を貯めて自己実現を達成したい」

など、強い目的がありお金を必要なら、「守りの能力」を身につけるのが先決。

 

「コスト感覚」や「感情コントロール」を身につけることで、

・お金を必要以上に消費しなくなる

・"適正な価格"でモノ、サービスを選別できるようになる

・時間効率に対する意識が芽生える

・肉体面、精神面、思考面での労力削減へ繋がる

 

「金銭面」以外にも影響を及ぼします。

 

それは決して「特別なこと」ではなく、

「なんだ、そんなの知ってるよ。当たり前だよね?」

と、「基礎力」のほうが大切で、「本質」なのです。

もっと時間効率を意識してみよう

時間効率を意識すると、1日3~5時間くらいの自由時間を得られるようになります。

 

「そんなに自由時間が増えるの?」と思うかもしれません。

もちろん人の環境にもよります。

ですが、現代社会は「邪魔される"機会"が多く、自由が奪われている」のです。

 

私は「罠」と呼んでますが、「罠」から抜けることが出来れば、

自由時間を3~5時間は得られます。

 

その具体的な手法は、

・自分の行動を記録する

・相手の優先順位と自分の優先順位を混同しない

・簡単なことを優先順位の上位にもってこない

・やらないことを明確にする

 

1日24時間ですと、物理的に出来ることは限られる。

「あれも、これも」と「やることが多すぎる」状態でいては、

時間だけでなく、体力や行動エネルギーも必要以上に奪われてしまいます。

 

やる量が多すぎると、嫌になって放棄、思考停止してしまいがち。

「後でいいや」「明日やればいいや」・・いつまでも終わりが見えません。

やがて悪循環となり、時間貧乏に陥るのです。

 

本当に忙しくて時間が無い人でも、上手くコントロール出来ている人は、

これら4点の扱い方が優れているといえる。

 

それでは、上記の4点を解説してみます。

 

1.【自分の行動を記録する】

・朝起きたら、「一日の行動リスト」を作成する。

・リストを作成するとき、

A.「出来るだけ自分が当日達成したいこと」

B.内容は「具体的に記載しよう」

Ex)「腕立て、腹筋を1set20回、3set実行する」など。

C.「項目ごとに、どれだけの時間を要するか?目安を記載する」

 

・達成できたら、リストに打ち消し線を引く

・夜寝る前に、「当日の反省内容を書く」

・行動リストは仕事が終わってから一気に終わらせるのではない。

「隙間時間」をも上手く活用して、無駄なくリストを消化しましょう。

 

※人は「記録習慣」が身につくことで、

・「行動リスト」を終わらせないと気持ち悪いと感じるようになる

= 必ず達成しようと意志が働く

・達成し、打ち消し線を引くごとに達成感を覚える

= 次第に自分に自信がついて、もっと進化しようと思うようになる

・反省の記録をつけることで、現状の問題を可視化できる

= 問題を解決するための、行動へ切り替わり、次第に課題が減っていく。

 

2.【相手の優先順位と自分の優先順位を混同しない】

・お金の対価は【相手への価値提供、感謝の量】ではある

・ただし、「自分は相手にとって、喜ばせ屋ではない」ことも知る必要が有る

・相手の「お願い全て」に耳を傾け、相手のために動いてばかりでは、

自分のやりたいことが出来なくなる矛盾が発生する

・そのため、相手からのお願い次第では、

A.「すぐ断る」

B.「断りの理由を伝え、一定期間後に再度依頼願いをする」

このように適度に相手との距離を取りつつ、対応することが望ましい。

 

※人は「断ること」「断られること」に慣れていません。

ですが、「勇気ある断り」を入れることは、とても大切ですよ。

それが、自分の人生を守り、自由時間を生み出すのです。

 

3.簡単なことを優先順位の上位にもってこない

・「1」の内容に関連するが、行動リストは「一番難しい」ことから始めよう

・たとえば、雑務を優先して大量に消化していき、

最後に一番難しい行動を実行しようものなら、なかなか行動に移せない問題が起きる。

= 「行動エネルギーの消失」

・一番難しい行動を最優先に終わらせることで、

自分に自信がつくし、物事うまく行くようになる。

 

4.【やらないことを明確にする】

・時間効率高めるためには、「心とモノの断捨離」が絶対必要となる

・雑念が多ければ多いほど、行動、心に支障がでる。

・モノが多ければ多いほど、整理や管理が必要となる。

・そのため、

A.「現時点で本当に多用するモノ」

B.「所有していることで、心がときめくモノ」

など、所有するモノの「ルール決め」をして、それ以外は思い切って捨てよう。

 

・「いずれ使うかもしれない」は、使う機会が限りなく低確率なので捨てよう。

・「モノ」には「情報も含まれる」

Ex)FacebookなどのSNS、ブログ、その他閲覧サイトなど。

 

※「断捨離」ネタは、とても深いので改めて別記事でもお話しますね。

 

一日の時間の使い方が上手くなると、

・短時間で大量行動が可能になる

= その分、大きな目標に近づくことができる

・人より「経験の量」が増えるので、経験した出来事を人に伝えることができる

・自信があって楽しそうにしていると、似たような人が寄ってきやすくなる

= 人生の質がさらに高まり、レベルアップしていける

 

とても大切なお話でした。

良ければ参考になれば幸いです。

結果を出す人、いつまでも出せない人の違い

最も大切なのは「やり抜く力」を養うことだろう。

これは「センス」の一つで、実は誰にでも出来ることです。

 

結果を出し続けられる人は「天才」「才能が有る」

結果を出せない人は「凡人」「才能がない」

と言われるが、これは大きな間違いだと考えている。

 

その違いとは?

・練習量の差

・どれだけ"対象"と向き合っているか?

・失敗や痛みを恐れない

・より良い人間関係の構築

 

この4点の違いだけだろう。

「天才」は存在すると思うが、では周りに「天才がどれだけいるか?」

実際は「天才に出会ったことがない」「1人だけ知っている、友達にいる」ではないだろうか?

 

プロの世界でも、天才よりも「努力家」が圧倒的に多いと聞く

特別、才能があったわけではないが、人と違う点は、

上記4点のうち全て、複数の項目に優れていたからだろう。

 

私は「センスは経験の中で養われる」と考えている。

たとえば、ファッションセンスが良い人、悪い人の違いが何か?

・どれだけ洋服と触れている時間が長いか?

 

これだけだろう。

・ファッション雑誌を読んで、こういったコーディネートを真似してみよう

・実際に購入しなくても、洋服屋にいき、様々な衣類を試着させてもらう

・自分の雰囲気、ボディラインにあった洋服を研究する

・他人にフィードバックを受ける

 

このように、経験と失敗を繰り返して、より良い選択と感性を養うのです。

長期にわたり継続できた人は、次第に「センスが良い」と評価をもらえるようになる。

 

週に1~2時間程度、あるいは途中で諦めてしまう。

それでは、いつまでも良い評価なんて得られないのだ。

だけど、現実案外やめてしまっているのではないか?

 

「ダイエットするぞ!」と意気込むも、

3日持たずにやめてしまうのも、結局は「やり抜く動機が弱い」にすぎない。

 

ファッションに限らず、スポーツの上達、仕事の上達、トレード技術の上達など、

あらゆる行為に対して説明がつきます。

 

少しでも「面倒くさい」と思っては上達なんて程遠い。

いつまでも、結果を出せない人の集団に属してしまうのです。

仲間選びと付き合い方の基準

人生において、「人との関わりあい」はとても大切な要素の一つです。

人間は、他者との関わりあいで始めて活かされる生き物で、社会性動物だから。

 

だからといって、

・誰とでも仲良くなろうと必死になる

・馴れ合い、群れる、依存する

・嫌事を言い合う

・エネルギーが奪われる

・惰性で付き合う

・昔なじみだから

・一緒に居て楽しくない、尊敬できない、成長できそうにない

 

このような理由であるなら、お付き合うする必要はない。

冷たいと思われるかも知れませんが、人間関係の断捨離を行ったほうが良いでしょう。

 

人生は有限ですから、自分にも、相手のためにも離れたほうが良いです。

ですが面白いもので、「捨てる」という行為をとることで、

新陳代謝が生まれ、より良い新たな出会いがやってくるのです。

 

では一方で、「仲間」「同志」にしたい人とは?

・嫌事を言わない

・一緒にいて、楽しい、尊敬できる、成長できる人

・自分よりレベルが高い人

・「お金、お金」と前面に言わない人

 

共に成長しあうことができる相手がいると、

人生レベルが一人でいるときより、早く引き上げることができます。

私自身、性格の影響もありますが、99%は一人行動ばかり。

ただ、決して人付き合いを蔑ろにしようとは思ってはなく、

刺激を与えてもらえるような仲間、楽しみを共有できる仲間は絶対に必要だと考えてますよ。

 

 

また、仲間の属性もできれば複数持っておくと良いこともある。

たとえば、

・趣味仲間(飲み仲間、マラソン仲間etc)

・ビジネス仲間(投資家仲間、ブログ仲間etc)

 

特に複数の属性を持つ場合は、適度な距離感は必要だと思ってます。

数年に一度会う仲間もいれば、ビジネス上頻繁に会う仲間など。

 

やはり、この視点は大切です。

・一つの属性だけでは、考えが偏る場合が有るため

・複数の属性の仲間を持ち、それぞれの多様性、独立性のある考え方を学ぶ

 

人の数ほど、多様な考えを持っています。

善悪、合う合わないはありますが、見方の視野が広がるようになりますね。

ルールに適合していく

「ルールに則る」ことは大切だ。

なぜなら、例えばスポーツならルール違反をしたら失格となるし、

法律を破れば、逮捕や罰金になることもある。

 

ルールがあることで、人々は「適度さ」を保つことが出来るし、

公正に戦うことも可能である。

 

しかし、ルールも常に一定というわけではない。

違和感があれば、都度、修正が行われる。

変更したなら、人々は変更後のルールに合わして行かないとならない。

 

この時、「以前はこうだったじゃないか!」と反発したところで、

変更されてしまった後では反発が無意味に終わることが大半だ。

再変更されるまで、時間がかかる上、エネルギーも必要だから。

なので、残酷ではあるが「知らなかった貴方が悪い」ということになる。

 

また、時代ごとに適合できるルール、適合できないルールも存在する。

時代は常に良い方向へと変化しようとするため、

一昔前まではとても優れていた内容も、未来には改革が迫られることだってある。

 

それは単に国家や企業だけでなく、一個人にもいえること。

個人が上手く戦っていくためには、

・適切にルールを知る(歴史、仕組みを学ぶ)

・合理的解釈の元、希少性のある事柄にフォーカスしていく

・時代の変化をいち早く読み、かつ適合化していく

・常に学びと実践の繰り返し

 

現代社会の技術革新、生活の豊かさの向上など、それらの進化が凄まじく早まっている。

その中で個人が上手く立ち回っていくためには、

本当に大切なことに目を向け、エネルギーを投じ続けていく姿勢は大事だろう。

 

いつまでも、怠惰なままでいると、時代に取り残されてしまう。

結果、お金や情報に対する格差も更に拡大されていくのだ。

だから、長期的に物事を考え、努力し続けることが求められる。