Pensiero di scatola

【思考の箱】 = 学び、経験をシェア

FXトレードで意識していること

※全部は難しいので少しだけ。

 

人の性格、習性、思考などによりトレードの向き合い方は異なります。

なので、私の内容を聞いても、あなたに向いている保証はありません。

また、妄信してもいけません。

 

とはいえ、、極力万人にとって重要となる視点を挙げてみます。

 

 

【前提:意識すること、気にしてはいけないこと】

 

先に「気にしてはいけないこと」は、

私達は、「相場に対して無力」だということ。

なので、些細なことに不安を覚える必要もありません。

 

次に「意識すること」は、

「エントリー前の事前準備、エントリー後の出口設定」が全てということ。

そして、FXの本質は、「資金を稼ぐこと」にある。

 

1.その日の体調はどうか?

・もしも具合が悪いなど、身体、精神に問題を抱えている場合はトレードをやらない

・心拍数と低く、保つことを意識する

・落ち着いてから、相場と向き合いトレードをする

 

※何よりも身体が資本であり、思考力を損なう習慣は避けないとなりません。

そのため、普段の生活習慣を見直して、

現在、将来、悪影響を及ぼす思考、行動など全て排除することが求められる。

 

2.その日の相場状態をみて、スタンスを定める

・相場状態をみて、一日の値幅限界値を見定める

・複合的に情報分析行い、たとえば今日は「買いしかやらない」などを決める

・一日のトレード時間、その時間帯を決める

 

3.質の良いチャレンジを意識し、怖れず何度もチャレンジする

・イコール、「質の悪いチャレンジ」は絶対にやらない

・質の良いとは、「時間効率が良い」「勝つ確率が高いポイント」などを見極める

・時がくるまで、「焦らずじっと待つ」こともトレード 

・「ここぞ!」というポイントでは、リスク取ることも厭わない

 

4.エントリー時の資金配分を重きにおく

・資金配分、運用が下手だと、必要以上に損失を招く

・資金配分は自分でコントロールできる

 

5.エントリー直前に、「このエントリーでどれだけ稼ぎたいのか?」を金額設定する

・その設定額に到達したら、利食いすることを前提に考える

・強欲は「負け」に繋がる。欲をかかない、堅実であること

・「もっと上がるだろう」など、憧れのような感情が芽生えるなら、一度利食いしよう

・根拠のない理想論ほど、結果、損失を招いたり、小さな利益にしかならない。

・ただ、とある"条件"を満たしているなら、「利を伸ばす」考えを持つことのも大切

 

6.「別に負けても良い」という感覚を持とう

・「ヒューマンエラー」という言葉があるように、人間は間違うし、当てにならない

・だから、「間違ったら、すぐ間違いを認めて、修正する」こと

・リスクリワードの考えを持つことも大切

・下手に勝率に拘ると、間違った時に損切りが出来ないし、判断もすごく遅れる

・人は「勝つことに強い関心を示すが、負けることに消極的な」傾向がある

・それゆえに、負けているのに「間違いを認められず、塩漬け」が発生してしまう

・間違ったエントリーをしたら..まずは「逃げろ」、考えるのはそれからだ

・相場に対して無力ですから、「負けることは当たり前」です。

 

7.常に逆のシナリオも想定する

・稼ぐこともできるが、その逆もあるのは当然

・稼げるシナリオだけイメージすると、逆のシナリオが発生するとショックが大きい

・逆のシナリオも想定しておき、実際そうなっても「想定の範囲内」とし、焦らない

・また、良質なシナリオであるほど、一時的に「含み損を抱える」ことはよくある

・焦って損切りしても、悪い損切りになるケースもよくある

・そこで、「損切りはせずに保持」し、「両建て」で含み損分をカバーする視点もよい

 

【マクロ→ミクロ視点へ】

私が見ている通貨ペアなど。

ドル円(USD/JPY)

・ユーロドル(EUR/USD)

・ダウ

・S&P500

日経平均先物

・GOLD

原油

※相関性の状況把握、大きな時間軸→小さな時間軸のチェック

 

ほかには、

・重要な経済指標、要人発言、金利

地政学、政治リスク

など。。。。

 

※前提として、経済、金融知識、歴史をも学び、研究している。

(特にファンダメンタルズ分析する際には必須)

 

【相場観察】

・相場の本質は「買われたら上がるし、売られたら下がる」のみ。

・「値動き(プライスアクション)」を重きにおく

・現在の相場の方向性(マクロ、ミクロ)、雰囲気を把握する

・値動きの大小、ひげの長さ、上昇時、下落時の値幅、時間当たりの動向など

・値幅の限界値

・フェーズ転換の確率

・支持、抵抗ラインの見極め

・レンジの強弱、長さなど

・世界中の投機家が「今、何を考え、今後どうしようと思っているか?」を考える

・その時点で、勝っている人の思考、負けている人の思考や状態を考える

 

Ex)

「ロングならどうするか?」

「ショートならどうするか?」

「なぜ、今買われているのか、売られているのか」

などなど。。。。

 

※相場観察は相当深すぎるので、ここまで。

 

最後に、、

 

使っているインジケータは、状況により使い分け、組み合わせている。

単純移動平均線(短期、中期、長期線)を数個

・DMA(3DMAのみ。"動的な"トレンドラインとして使用)

・GMMA

ボリンジャーバンド(1~3σ)

・Pivot

移動平均乖離率

・RSI

RCI(短期、中期、長期線の3ライン)

・フィボナッチリトレースメント/エクスパンション

 

※でも、観察時は「プライスアクション」と「値幅」を重視しているため、

インジケータを表示せずにトレードもよくやります。

 

 

以上が、現時点で私が考えていることの一部です。

トレードネタを書くと、相当長くなるのと、深いのでここまでにします。

 

全ての情報開示はできませんが、

この一部情報でも何か参考になり、手助けとなれば幸いです。

とてつもなく大きな目標を達成する、また自分が近づくための心構え

自分を変えるとは、「他人になる」ということです。

 

たとえば、

ある俳優、芸能人のようになると決め、その人の持つ"情報"(行動、発言、感情)などを真似してみる。

ロールモデルがいるなら「その人になりきる」ことで、自分を変えられます。

対象が"高度"であれば、あるほど、大きな変化が期待できます。

ですが「完全」は難しく、「オリジナル」が出来上がることもあります。

それは、それで個性があって良いことで、印象に残りやすい。

 

今回のテーマでいうなら、

何らかの「大きな目標」を持っており、実現させたいと本気になったとする。

本気で実現させようと思うなら、

やはり「今までの自分の思考、行動、所作、発言..全て」を変える必要があります。

 

簡単に達成できる程度の目標なら、そこまでする必要はありません。

目標の難易度が高くなるほど「今の自分を捨て、他人になること」が肝心なのです。

 

 

私の場合「10年以内に必ず資産10億以上」といった大きな目標を一つ持っています。

これは"大衆の思考"では、とても難しい目標でもありますし、

サラリーマンがこんなこと口にしていたら、「夢見るな」と思われるのが常です。

 

しかし、私は本気ですし、"実現している道"を一歩ずつ歩んでもいます。

また、資産10億という数字は、「通過点」に過ぎず、人生におけるゴールではありません。

 

大切なのは、

「未来を逆算して何が必要となるか、障害は?、捨てることは何か?」などを明確にすること。

今までの自分では到底不可能、なら「どうするか?」なのです。

まずは心の状態を好転させよう

全ての土台作りに必要なのは「健康な身体作り」です。

そのうえで特に大切だと考えているのは、「ストレスがない状態にする」こと。

 

健康な身体作りといえば、食事、筋トレ、ダイエットなどが思いつくでしょう。

あるいは、優れた思考力、マインドセットが結果に結びつくとも考えるでしょう。

でも、ストレスを抱えている中で取り組んでも、本当の意味で健康とは言い難い。

 

また、良質なソフトウェア(思考)を取り入れても、

肝心のハードウェア(身体=土台)がポンコツでは動作不良を起こしてしまう。

なので最優先で意識することは、「土台を整える」ことなのです。

 

 

何か嫌なことがあった、怒ってしまう、悲しんでしまう。。

このような問題がおきたとしても、それをストレスとしないこと。

なぜなら、怒ったり、悲しんだりしていても、「何も変わらない」から。

 

それなら落ち着いたときに、そのときの状況を客観視してみて、

出来ることなら「そんなときもあったな」程度に、

笑い飛ばせる感覚を持っていたほうが、まだマシなのです。

 

ストレスを抱えている状態では、あらゆる面でパフォーマンスが低下します。

たとえば、私はトレードをやっていますが、

その最中にストレスを少しでも感じたなら、一度中断しています。

あるいは、その日のトレードは終了させます。

 

そして、

・20分くらい瞑想をする

・散歩に出かける

など。

 

とにかくリフレッシュすることを最優先にしている。

投資、トレードが身体のコンディションと関連性ないのでは?と感じるかも知れません。

ですが、実は「大アリ」です。

 

大切なことは、

・常にリラックスした状態を保つ

・些細なことでイライラしない、動揺しない

・雑音(ノイズ)に惑わされない

・意識の軸を内側(自分)に向ける

など

 

具体的なアクションは今回は省くとして、

まずは「ストレスがない状態」を作ることが、身体作りにかかせません。

 

その次に、食事、運動、睡眠、生活習慣..とくるのです。

たとえば、食事であれば、

・食べすぎ、飲みすぎないこと

・白米、パン、パスタ類は極力避ける

・ジャンクフードも食べても良いけど、極力控える

・自然に近い素材を食べる

・時には、食べない日をつくる

・金額の高い料理、素材が必ずしも健康的とは言い難いことを理解する

など。

 

たとえば、運動であれば、

・筋トレも全身満遍なく、でもやりすぎないこと。(閾値は大切)

・ストレッチ、ヨガなどのコアトレーニング

・10~20分程度の散歩 + 時々、低速度でのジョギング

など

 

身体作りにも、段階を追って時間をかけて行うこと。

そうすれば、無理なく継続できるでしょう。

 

心と身体の状態が少しずつ良くなり始めた段階で、

ようやくマインドセットが活かせるようになりますよ。

投資をやるなら規律を持つことが大切

「ルールを守れる人 = 規律が良い人」を意識せよ。

 

投資やトレードを意識したほうが良いポイントは沢山あります。

そして沢山あるポイントを、極力シンプルに考えていかないと大変です。

 

そのうちの一つに「規律性が重んじる」ことが挙げられる。

 

規律とは「行動基準」ともいえます。たとえば、

・朝目覚めてから会社出社前までの一連ルーティンを決める

・仕事終わってから、寝る前までの一連ルーティンを決める

・やること、やらないことを決める

などです。

 

まず投資、トレードでは「投資資金」が必要です。

大事な投資資金を完全に失うことは敗北に繋がっています。

資金を用意したなら、再び再帰することは出来ますが、

余程メンタルが強くない限り、再び投資を再開することは難しいかもしれません。

 

重要となるのは「資金を極力残し、利益を拡大するか?」

「投資のテクニカル要素」で解決する問題ではないのがポイントです。

そこで意識しなくてはならないのが、、実は「日頃の生活習慣」。

生活習慣は、その人の考えや行動、精神状態が直接現された結果でもあります。

 

たとえば、

・いつも「面倒くさい」と言っていると、何をするにも億劫になりやすい

・疲れた、ダルイと言っていると、怠け癖がつき何もしたくないと感じる

・食べ癖がついていると、簡単には食事制限を行うのは難しい

・お金を使うことに慣れているが、貯めることは苦手でいつもお金が無い

などなど。

 

挙げるとキリがありませんが、

・良い習慣を持っている人は、比較的ポジティブで行動的。

・悪い習慣を持っている人は、比較的ネガティブで怠惰的。

 

※この表現には語弊があるかも知れないが、この場の便宜上として書きます。

必ずしもそうとは言えませんが、その傾向はあるという話とします。

 

何が言いたいのか?というと、

投資、トレードで戦うためには「明確なルール = 規律」を設ける必要がある。

ルールを守るには、日常生活の規律を良くすることが「前提」にあるということ。

 

仮に「あなたが浪費癖がある人間」だとするなら、「お金を守る」行為はできません。

お金、時間を「使う」ことは得意で、短期的な欲求には弱いのです。

投資上「資金管理」は極めて重要ですが、

結果「お金を失う」ことに繋がっているのです。

 

このケースで最初に対処しなくてはならないのが、

「浪費脳を投資脳へ切り替える」必然性が生まれます。

・お金を貯金することの楽しみ

・お金を殖やすことの楽しみ

・お金を守り、自分の精神上の余裕を持つことの喜び

・将来の資産形成に繋がる行いを継続させる

このような感覚を持つことが大切です。

 

投資脳を持つ人間は、基本的には「長期的な視点」をもった考え方ができる。

「貯金をする」こと自体が、長期投資的な行いです。

「お金を極力減らさず、正しく守れる」ことは、短期的な欲求に対して強い人です。

結果、仮に損失を出しても「想定の範囲内」で済むでしょうし、

想定外が起きそうだと察知すれば、すぐに逃げることもできるようになります。

 

これが「お金を守ること、資金管理が上手」といえますし、

こうした感覚を持つには、日頃の生活習慣を変えていく必要があるのです。

 

人間はそれぞれ異なる状況、性格を持っています。

・時間に余裕が有る人、余裕がない人

・お金に余裕が有る人、余裕がない人

・短期的思考傾向が強い、長期的思考傾向が強い

など、人の数だけ違いが存在します。

 

そして、人の数だけ投資哲学も異なるのです。

哲学が似ていることはあっても、全ては同じにはなりません。

同じ手法を学んでも、人間の主観が入ると結果は異なります。

 

もちろん投資、トレードでは当然知識、技術は大切になります。

それらを体得するには年単位での膨大な時間、エネルギーを要します。

決して簡単なことではなく、冗談抜きで難しいんですよ。

 

ですが、それ以上に意識しなくてはならないのが、

「自分自身の環境」を正しく理解したうえで、どのように投資を取り入れるか?

「人間の総合力」を高めていくことが、結果の投資運用成績に影響を与えるのです。

 

「当たり前」のことを「当たり前に行うこと」。

ですが、「当たり前」と思われることは、案外雑に扱われることが多いです。

 

だからこそ、実は「当たり前のことが出来る人」ほど、

「何らかの成功をしている」人が多い。

際立ったテクニカルなものはなく、「地味なこと」こそが真実なのです。

 

自分が決めたルール(規律)は破らず、守り抜き通し続けること。

そのために、生活習慣を見直し、意識して良い変化を与え続けること。

本当に、本当に大切なことですよ。

 

投資は「人からオススメされたから」でやるものではない

盲目的に「他人の意見に従うこと」は、「死」を意味するのだ。

大切なのは、「よく学び、自分の頭で考え、理解と選択すること」

 

たとえば、金融アナリストの意見がそうだ。

彼らの仕事は、"それっぽい"意見を発することであって、別にそれが答えでもない。

信頼性のあるかも分からない「予測」を、なぜ信じることができるのだろうか?

現実の相場は決して甘くできていない。

予測を信じて勝ち続けられるなら、皆が利益を出せているだろう。

 

相場は「生き物」であり、自分達では「どうすることもできない」

自分達が出来ることは、「相場に参加する前」の「準備」のみだ。

その「準備」とは「自分自身で行うこと」であり、「他人に任せるものではない」

参加した後は、大きな流れに任せるしかできない。

もしも危険を察知したなら、"すぐに"逃げるだけなのです。

 

相場を例としたが、こういった話は至るところにある。

そして頭の悪い人間は、頭の良い人間にカモられ搾取され続けるのです。

残酷だけど、それが現実に常に起きている。

 

自分自身やお金を守るには、

・「自分がよく分かっていることに投じる」こと

・「自分がよく分からないものは、しっかり調べ上げ、考える」こと

・「自分がよく分からないものには、お金を一切投じない」こと

 

シンプルにこれだけです。

準備している人ほどチャンスに恵まれる

チャンスに乗れる人と乗れない人の差は「準備力」にある。

「準備」とは、「来る日に備えていつでも動き出せる状態にしている」ことだ。

 

反対に「準備」をしていない人は、

目の前にとんでもない大チャンスがあっても、そのことに決して気付くことがない。

気付いた時点ではもう遅い。

突如発生した問題に対して咄嗟の対応が出来ずにいる。

 

 

たとえば、「ゼロマージナルコストエコノミー」や「ブロックチェーン

この単語を聞いてどう感じるか?

 

もしも、「知ってるし、取り組んでいるよ!」という方なら、

今頃「経済的に自由」か「それに近づいている」だろう。

 

もしも、「ピンとこない」のであれば、「準備」が足りていない証拠だ。

でも「単語だけでも知った時点」から、始めて学び出せば良いのです。

肝心なのは、「いつ知り」「どのタイミングで動くか?」だから。

 

 

「波乗り」の考えで、チャンスに乗れる人、乗れない人を話すとこうなる。

 

<チャンスに乗れる人>

「1%の人間」は波が来る前から待ち構えている

波が出始めたタイミングで乗っかり、波の力を利用して高く上がっていく。

 

<チャンスに乗れない、乗り遅れる人>

「99%の人間」は波がきた後で気付いて、後追いしようとする。

もう波が落ち着いてきているのに。

 

「流行り」も同じです。

大勢の人達に知れ渡ってくる頃になって、ようやく「自分も興味持ち始めた」が殆どです。

しかし、大勢に知れ渡っていない段階から、気付いていて存分に活かしステージを高める人達が少数いるのです。

 

「いつでも大きなチャンスに乗っかれるように準備すること」

・非日常の中に身をおく

・最新の"キーワード"に触れる

・最先端の企画、キャラクター、空気感、メッセージ

・高いステージにいる人が来ている場に混ざる

などなど。

日頃から「学び」を大切にし、「時代の潮流」が何なのか?を読み取ることです。

 

時には「お金」も必要になります。

お金があれば、時間のショートカットが出来ます。

プロの情報を仕入れたり、関わることで知識・技術体得のショートカットができます。

それには「参加費用」が発生しますが、

この時に「お金がない」では、大きな機会損失に繋がるのです。

次のチャンスはきっとありません。

 

「準備」というのは、人間の総合力が試されている部分もある。

日頃から何を考え、時間の使い方や行動をしているか?

チャンスが来たときに、リスクとってでも乗っかろうとするか?

これで1年、3年、5年、10年後の未来もガラリと変わりますよ。

早朝4時の目覚め

早朝4時起き習慣をつくると、人生は好転する。

 

ちょっといい過ぎに聞こえるかもしれないが、概ね間違ってもいない。

なぜか?というと、

 

・誰にも邪魔されることなく、"自分の時間"を確保できる

・最もエネルギーが充填されており、新規アクションを取るのに適している

(つまり、学習などの作業効率が良い)

 

人間の命とは、=時間ともいえます。

時間をどれだけに大切に扱い、活用するか?で将来の在り方も変わるといえましょう。

 

具体的には、長期的にプラスになる行動への投資が良いです。

スキルアップに向けた学習

・自己と向き合い、未来戦略の立案と実行

・家族との時間を過ごす

・健康への投資(運動、食事法など)

・クリエイティブなことを行う(瞑想など)

 

私の朝の習慣は、

・目覚め直後に1日のアクションプランを作る

・瞑想

・散歩

・オフのときは、軽いランニング

スキルアップに向けた学習

 

こんなことをやっています。

 

 

夜型ライフスタイルが目立つ現代では、

どうしても仕事終わりの夜に「いろいろなこと」を始めようとする。

しかし、人間の「エネルギーには限りが有る」ので夜の行動は効率悪いのです。

また、多くの「罠」が潜んでいるので、結果として自分の時間をも奪われている。

 

朝の時間というのは、そのような罠がありません。

エネルギーも充填されているため、自分にとって一番大切なことに集中できるのです。

下手な言い訳は言わなくなりますし、心と身体に余裕が生まれるようになりますよ。